スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

FaceTimeで安心!留守中の自宅を監視

世の中には、webカメラや使わなくなったスマホで留守中のペットを確認したり防犯カメラ的な利用もあると思いますがいまいち個人的にはこのアプリ大丈夫かと不安になることもある。そこでこのやり方なら個人的にまだ信用できるという方法とは






以前は、有料アプリとかを使用して留守中の自宅を監視していた。
そう、長期的に空けるときとか台風とか災害、泥棒、火事。
出かける前にかなり心配でなかなか出発できなかった。
そんなストレスから解放されようと防犯カメラの有料アプリとかを使用していたのだが
逆に、そのアプリが大丈夫かと不安になってきた。

そんななか思いついた方法が。
「FaceTime」だった。

iPhoneやiPadには「自動で電話に出る」という機能があるのです。
この機能が外からリモートする役割を担っているのです。

この機能は、
設定>一般>アクセシビリティ>通話オーディオルーティング
から設定できます。



たったこれだけで、いつでもどこからでも自宅の様子を確認できるのですが
これだと自分以外の方が電話すると見られてしまう。だだ漏れ状態です。

なのでここから「おやすみモード」を使用して着信を限定的にします。
この機能は
設定>おやすみモード>「時間指定」と「着信許可」を設定


時間指定はオフにして常に着信を限定的にしました。
また着信許可は、だれからの着信を許可するかの設定ですので個々に限定できないようですが「よく使う項目」でも良いですし、新たに「グループ」を追加してグループ内に一つの電話番号もしくはメールアドレスを入れておけばより限定的にできると思います。
また「FaceTime」の着信先の連絡先情報を限定的にしていた方が良いと思います。



これでテストしてみてください。
私のiPadでは3分以内に2回の着信がないと応答してくれませんでしたので
起動させるために2回発信させています。
また、送信側を別の着信許可を与えていないiPhoneやMac等から行なってみてください。
万が一設定上のミスでつながってしまうと情報がだだ漏れになってしまいます。

これで、映像を確認できれば完了です。

この方法が最適かといえば、どうかわかりませんが
個人的には安心できる方法です。

絶対安全ではありませんので、個人の責任でお願いします。

不審な動きがあれば知らせてくれる機能や、暗視映像を観れるわけでは…

最新の投稿

これ仕事で役立つアプリ。shotlist

MacBookPro2019を買ってしまった。しかも8コアを

カーシェア用に買ったドライブレコーダー、勝手はまぁまぁかな

勘違いだった。Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタの使い道

カーシェア用に買ってみたドライブレコーダー、持ち運び便利かも

Bluetoothイヤホンでもやっぱり繋がっていた方が・・・

レンズウォーマーでペットボトル保温してみた