NikonD5300動画撮影で露出補正による出来そうでできない感じ

先日記事に書いたテスト
動画撮影における露出補正で被写界深度を深くできないか。

【関連記事】Nikon D5300で動画撮影時、絞りをどうするんだ? 2016/05/13

たいそう偉そうに書いてるもんだが
なんとなく断念しそう。
少しやってみたんだが、なんとなくうまくいきそうにない感じがします。


もともと、カメラの知識も浅く(いいわけ)仕方ないのだが
また、ネットで検索してもそんな情報を見つけられないのだが
(NikonD5300による動画撮影においてということですね汗←逃げ)






まずNikonD5300の場合、P・S・A・Mモード、他モードでは
どれだけ、シャッタースピード・絞りを設定しても動画撮影上では無視される。
ただし、撮影メニューに「動画のマニュアル設定」という項目がありONにすれば
シャッタースピードとISOが調整できる。

写真であれば、シャッター優先・絞り優先・プログラムモードで
シャッタースピード・絞りをいじると適正な露出もしくはシャッタースピードに調整してくれる。
マニュアルだとどちらも手動設定するが・・・。?間違ってないよね?

動画撮影する際、レンズによっては屋外では光量が多すぎて飛び気味になるため
可変のNDフィルターをレンズに装着されるそうですが(持ってないです泣)
NikonD5300では、露出補正で調整できるんです。
「動画のマニュアル設定」がONであろうとOFFであろうと。

ただ、露出補正って結局、シャッター優先・絞り優先で補正する場合
どちらもシャッタースピードが適正値に変化しますよね?
じゃー、動画で例えば60pで撮りたい場合
シャッタースピードを1/60にするのが理想だと思うのですが、
露出補正することによって動いてしまうんですよね〜。
だからマニュアル(M)で撮影するのが理想なんでしょけど。

NikonD5300の場合
マニュアル(M)で、絞りは露出補正マークのボタンを押しながらダイヤルを回して調整します。
※シャッター優先・絞り優先では露出補正する場合、露出補正マークを押しながらダイヤルを回します。

しかし「動画のマニュアル設定」がONになっていると無効になるんですね。
だから、露出補正が液晶モニター上でしかできなくなるんです。
そこは譲って補正したとしましょう。したら露出インジゲーターが全く機能してないんです。
ライブビューでの目視確認しかできないんです。ここは撮影者の感覚か。


ということで、被写界深度が浅いとか深いとかテストできる状態になっていません。
もう少し時間をかけて検証したほうがいいのかなぁ

それより一眼レフで動画撮影されているみなさんと同じように
可変のNDフィルターを買ったほうがいいんでしょうかね?
難しいですわ。
下手な出費できないのでもう少し、粘ってみます。


※みなさんに伝わる記事に仕上がっているかだんだんわからなくなりました(汗









コメント

よく読まれている記事