2016年5月18日水曜日

時には必要となる動画編集ソフトのトランジション

PIXTAの映像クリエイターの審査をクリアして1週間になる。
翌日には早速、その1カットを登録申請しているが未だ反応なし。
しかも、その前に、写真も申請しているんだが全く音沙汰なし。

やはり、ゴールデンウィークもあったことだしPIXTAのスタッフさんもてんてこ舞い
なんすかね。お疲れっす。







ところで、動画の申請するときは一応、自宅の編集ソフトで
色補正してアップしています。
そらぁ、カメラのプロではないのでそこそこ調整しているんです。
AppleのFinalCutProX。
なんでもいいんですけど、出始めのころ買ってしまったんですね。
独身の時ですから、自由でした。(今は無理)

ほかにも、Vimeoに映像をアップするときに使ってるんですけど
トランジションとかエフェクトとかそれなりに入ってますよね。

まぁ、使うことはないですけど。

仕事で編集する際は、そのトランジションが必要だとしても
使わないんです。
同僚とか、ソフトに詳しいお客さんにそれを使ったとバレるのが嫌だからです。
だから、使うにしても普通だったら1つで十分なエフェクトでも2つ3つ
かけるようにしています。
意外にバレないんですよね〜。


でも、自分に依頼の来る仕事って結構
安く早く、派手めでお願いしますってのが多いんですよ。
まぁ、エフェクト・トランジションをガチャガチャかけてね。
でも、時間も少ないなかで、しかも尺が長い映像を編集する場合は
そんなこと言ってられんとです。
1エフェクトで完結できるのをバンバンかけたいんです。

で、仕事で使用する編集ソフトはAdobeのPremiereCCなんです。
仕事によってはAfterEffectsとかPhotoshop、Illustratorとか使うんですけど
時間も金もかけられんときは、Premiereで完結させます。
でもね、
Premiereってあんまりエフェクトとくにトランジションが少ないんですよ。
今はサードパーティのプラグインが豊富だし、AfterEffectsでしなさいと
いうことなんですかね。


でも、お金なく時間もない時には無理なんですよ。
今日も、どうしよ、どうしよとネットでフリーのプラグイン落ちてないかと
探しましたがそんな無いんですよね〜。
楽するなよ!って編集の神が言ってるんですかね。

だから、明日自力で動かすことにしました。
まぁ、時間かかるでしょうね。

って、記事書く時間あるなら今からしなさいよと思いますが
こっちも大事ですからね。



では、また。
はやく、PIXTAにアップする次の動画撮りてー。



0 件のコメント:

コメントを投稿