ストックフォトで活躍するフォトショのコンテンツに応じる

もともと、仕事柄AdobeのPhotoshopをよく使っています。(使いこなせてるかは別として)
だから、AdobeのLightroomとかSILKPIXとか使ったことないんです。


だけど、一眼レフで撮影する上でつきもの
現場でのレンズ交換。
気づかぬうちに埃が入ったり、
レンズ表面に付着したりよくありますね〜。


いつも、帰ってきてRAWから現像するときに
拡大して確認していると

あ〜、雑だなぁといつも反省しております。






そんなとき、助けてくれるのがPhotoshop。
他にもいろいろソフトはあるんでしょうけど
仕事柄これしか、ほぼ使えません。
というか、テクニシャンではないですが・・・


ゴミ消し。
ゴミのついた範囲を選択。
塗りつぶし機能を使って


コンテンツに応じる


サクッと埃が消し去れます。


クラウドサービスのPhotoshop。
単体の月額は2,180円(税別)
Lightroomとの抱き合わせだと月額980円(税別)
なんだこの差は。


仕事では使っているが、自宅では持っていない・・・
ほしい。
こんな楽勝なことはない。






コメント

よく読まれている記事