2016年5月31日火曜日

写真のゴミ消しはPhotoshop、動画のゴミ消しはMochaPro

以前、写真でゴミがついた時の修正の仕方で
PhotoShopで消せると記事を書きましたが


動画の場合、
1フレーム1フレーム消すの大変ですよね〜
そんなときは
MochaProっていうソフトが大変便利です。

MochaProというソフトは
Imagineer Systemsという会社が開発したもので
単独でも使用できますが
AfterEffectsとかAvidとか色々なソフトのプラグイン的な感じでも使えます。

こちらのPVを見ればわかります。


これは最新のバージョンになりますが

要はトラッキングソフトなんです。
ある特定の被写体を1クリップ上で追っかける。
追っかけた被写体をマスキングして
あるときは、ソフト上で処理することで
被写体を消すことだってできるんです。

AdobeのAfterEffectsでもトラッキングとかあるんですが
上手くトラッキングできないときも。
なぜなら、点でトラッキングするから背景とのコントラストが浅すぎると
追っかけられないことも。
しかし、このMochaProというソフトは
点ではなく面で追っかけるのでかなりの精度を持つとか。

紹介サイトもあります。



仕事上でも、4Kとかの編集で物撮りとかあるんですが
4Kだと舞ってる埃が見えたりするんですよね〜。
大変ですけど、これを使って消したりしてました。
その前に、撮影の段階で気をつけろよと言いたいですが
解像度が高すぎて結構大変ぽいです。


で、
ストックフォトに戻るんですが
写真だと、Photoshopなどで丁寧に消していけば大丈夫なんですけど
これが動画になると1秒でも30枚

んな、どんだけ時間かかるねんっていう感じです。
だけど、いろいろ手間暇かけて撮った動画を
さらに再撮するなんて
気が遠くなります。


確かに、値段は高いですけど、自分の作品を
まぁ、失敗したのは自業自得かもしれませんがどれだけ修復できるかは
命がけかもしれませんが、少しは楽しましょうよ。


って、自分も仕事では使っているけど
自分のストック動画で使うには、
ちゃんと買わないとダメですね〜。人に頼るのはダメです。



0 件のコメント:

コメントを投稿