2016年6月9日木曜日

ストックフォト用のコンパクトスタジオを作った。

と言っても、撮影ボックスっていうこじんまりとしたものだけどね。

休み2日目。
きのう、きょうとかなり有意義な時間を過ごせたと思う。


自分なりに命名したコンパクトスタジオ。
ネットで色々みてると、オークションに出品されている方が
オークション用の写真を綺麗に見せるために結構作っていますね。

そんな方々が参考にされていたのが

1000円で作る撮影ボックス

品物に柔らかい光をあてて際立たせる。参考になります!

で、いつも1日しか休みがないのに2日も休みがあったもんだから
普段なら諦めるところだけど作っちゃいました。




用意したのは
半透明のサンプライ600mm×900mm1枚
半透明のサンプライ900mm×900mm1枚
模造紙。
※作る人によると思います。

















ホームセンターに売っている。
サンプライとは、見た目ダンボールのようなものです。
ネットとかで見てると1000円とか700円とかで準備できるらしいけど
近所のホームセンターにはこのサイズしかなくて結局これで1000円は超している(泣
模造紙は、ホームセンターで買ったんだけど実は100均(ダイソー)にもあった。
他は、お好みで、マジックテープやら、ビニールテープ、照明とかね。

設計図は、「1000円で作る撮影ボックス」を見てもらえればわかります。
そこの、サイズを自分なりに使いやすいように作ります。

完成がこちら
















実は、サンプライとかいう材料、カッターで切ったんだけど
切り口が結構、危なっかしく思ったのでビニールテープを巻いてます。
そして綺麗に巻くのではなく、耳をつけました。

人によると思うのですが
自分は、一つの形だけでなく組み合わせで形を調整できるようにしようと思って。

設計図通りにすればこんな感じ(サイズは違いますが)
メジャーは余裕で30cmを表示


















写ってませんが
奥の上部に模造紙をクリップで留めています。

小物とか、柔らかい影を落としながら撮影できそうです。
でも、高さに限界があるので
私は、各パーツにビニールテープの耳を取り付け、
パーツとパーツの耳をクリップで挟むことで
形を変えられるようにしました。

そしたら





















ってあまり形はかわってないのだけど
下からの煽りを撮影できるようにしました。
これもまた、見えないと思いますが
サンプライは半透明なので映り込むとバレます。
だから、上部の面の内側に模造紙がクリップで止められています。

すると
こんな感じ
















ちょっとイマイチな画角ですが
煽りが撮れるんですね〜。

どうすか?
反射関係の問題を解決しないといけないですが

でもね、色んな画角、アングルが撮れることで
手タレの出演も思いのまま。

ということで
コンパクトスタジオ
と勝手に命名しました。
ちなみに、勝手につけただけなので苦情などありましたら
コメントください。
すぐに、改名させていただきます。(すんません!)


自分なりに良くできたなぁと思ったのですが
これ、設置するのが面倒だし、時間かかるし、そのまま置いておくと邪魔だし
嫁に怒られるので、すでに片付けました。

となると、撮りたいときにすぐ撮れる感じがまったく無い。

値段も2000円くらいかかったかなぁ。

だから
やっぱり、
撮影ボックスは市販で安いものもあるし効率的にはそちら無難かも
場所があって、お金に余裕がある方は別ですが・・・



これとか、折りたためるし、LED照明あるし、安いし
いいんじゃないかなぁ
質に関してはわかりませんが。






0 件のコメント:

コメントを投稿