PIXTAに登録している画像で売れないものを整理し移籍させよう

PIXTA審査中の素材がなくなったことで
これまで登録した素材をあらためて見ていたんですが
ふと、これってどう考えても検索にひっかからないよなぁというものがあった。

2007年に登録したもので、かれこれ10年になるのに全くもって売れた試しがない。
当時、やみくもに撮った写真を登録していたので需要があるとも思えない。




そこで、登録素材を見直すことにした。
PIXTAから売れてない素材を登録解除しようと思うんです。

ただ、PIXTAから消すわけではなく
ストックフォトの記事を書く上でいろんな方々のブログを見て知ったんですが
写真ACに登録しようと思ったんです。
無料写真素材のサイトです。

以前から気になってて、すでに何枚かは登録しています。


今回の場合、なんだか古すぎて際立ってクオリティーの高い写真でもないし
ましてや検索でも後ろの方だと利用者に全く目に触れないと思うので
新たに登録したサイトで
無料素材として使っていただけるのならという思いで写真ACに移籍しようと決めました。

ご存知のとおり、無料写真素材サイトだからといって
利益が無いわけでもなく、ダウンロードされると少額ですが利益が発生しますよね。

PIXTAにもそのまま残しておけばいいじゃんと思うのですが

写真ACの場合、アップロードした写真は著作権を譲渡しなければならなく
また、再配布は規約違反なので別のサイトにも登録できません。
写真ACの利用規約


 まず、PIXTAに登録した写真の整理 


残留させる素材
  • 1度でも売れた素材
  • シリーズ素材(構図や画角が異なるもの)
  • PIXTAに登録枚数が少ない素材(検索にヒットしやすい)
移籍させる素材
  • あきらかに時代遅れなアップロード日の古い素材
  • PIXTAの登録が多そうな素材
  • プロパティーリリースに少し不安がある素材
【あくまで自分の素材は上記のようにしよう考えた案です】

移籍させる古い素材というのは、昭和を醸し出すイメージとかならまだいいのですが
新しくもなく古くもない写真のことです。
登録枚数が多い素材は、絶対自分の作品が劣っているというか
まぁ、だからこれまで売れなかったんだろうと思って(笑
プロパティーリリースに関しては、PIXTAが始まった当初と今では厳正さが違うと思うんです。
しかし、一度登録されたものが今の規定に引っかかるからといって解除されるとは
聞いたこと無いんですが、個人的にモヤモヤするのも嫌なので排除してもいいかなぁと。

※あくまで個人の意見です。責任は負いかねますので自己責任でお願いします。


 PIXTAに削除依頼 


15枚ほどの作品を移籍させることになりました。
しかし、なんと削除されるのは1ヶ月ほど先のことです。











削除申請したのが本日7月17日。
購入を検討しているユーザーがいるとは思えないですが待ちましょう(笑


 削除が完了したら移籍準備へ 



移籍を準備したいところでしたが
おおよそ1ヶ月は待たなければならないので
記事はここまでです。

移籍の準備ができ、移籍完了後、また報告したいと思います。


何度も書きますが
この記事をみて、やってみようと思われる方も少なからずいらっしゃるかもしれませんが
責任は負いかねますので自己責任でお願いします。




コメント

よく読まれている記事