多分特定のストックフォトサイトで採用すらされなくても別のストックフォトサイトでは売れるんです。

イメージ
売れました。

photolibraryで。

いや〜、売れてよかった〜。

その写真は、pixtaで不採用になった素材でした。

【関連】PIXTAでリジェクトされた写真を別サイトに登録することができた!

記事タイトルがなんとなく証明できて、よかった〜。


ですが、決してストックフォトサイトの


どっちかが良くて、どっちかが悪いというわけではありません。


いろいろなことが相まって今回の奇跡が起きたと思うんです。

ニーズがpixtaになくphotolibraryにあった。それだけですね。

photolibraryでは値段を設定できます。

個人的には、pixtaと同じ値段でいきたいです。

しかし、私の性格でしょうね。安くしてしまうんです。それも要因でしょう。たぶん。


また、今回売れた写真が、梅雨の洗濯物をイメージしたものですが

まさか、8月という、夏真っ只中の季節外れなこの時期に売れるとも思っていませんでした。

私のイメージした感性と違った用途もあるんでしょうね。

そういうところも、今後考えていかないといけないなぁと思いました。


コメント

よく読まれている記事