ストックフォトサイトで見つけた色鮮やかな素材がプリントしてみてガックリ

ストックフォトで見つけた写真は、さまざまなメディアで利用されている。
インターネット、映像、紙媒体など。

すぐにでも使えるようにと、鮮やかな色彩で
ストックフォトサービスで選ぶのはほんと迷ってしまいますよね〜。

まぁ、私の場合はブログで利用することが大半ですが。。。
(なぜ自分の写真使わぬ?)


まぁ、それはおいといて
写真を探していると最近はHDR(ハイダイナミックレンジ)の素材とかも多い。
明暗差が小さく、白潰れや黒潰れが少なくすごく見応えがある。
HDRの素材だけでなく、今は、色調した素材が多い。

で今回疑問に思ったのが、RGBとCMYK
私がクリエイター登録するストックフォトサービスは写真素材の形式はRGBだ。
それは良いのだけど、プリントデータとして使用したい人には優しくないよね。

RGBとCMYKの違いについては、深くは説明しませんが
基本的に、PCモニターやデジカメなどRGBモードに対し
印刷物に関してはCMYKモードで表現されてる。

このRGBとCMYKでは表現できる色の領域にも違いがあります。
だから、デジカメで撮った写真をプリントしたりすると「あれ?」って思ったことありませんか?

デジカメで撮った写真をPCやタブレットで見た時に綺麗な色をだしていた写真も
プリントするとくすんでいたりするんですよね。

サンプル的なものはこちら、




まぁ、1枚目は撮った写真の彩度を極端にあげたもの。適正なのかは黙認してください。
これを、印刷しようとCMYKに変換してみたのが2枚目の写真。

あれ?って思いますよね。
あきらかに、雰囲気が違います。

思うに、ストックフォトサービスで色鮮やかな素材を見つけたとしても
それは、紙媒体とした印刷物に使用するなら適していないかもしれない。
あっ、買うなというわけではありません。
プロの方なら補正することができるんでしょうから良いのでしょうけど。
経験値の浅い方だと注意が必要ですね。

これは、やはり販売するクリエイターも気をつけた方がいいのかなぁ。
過度な補正は、サービス上で目立たせるには良いのでしょうが
少しは、購入する側の多種多様さも考えたほうがよいのではないかと思う。


コメント

よく読まれている記事