オレオレ詐欺に40代で遭遇したようなもんだけど、いい勉強になりました。in某通信会社

あらかじめ報告しますが、某通信会社です。
気づかれた方は気づかれた方で、気づかれない方は気づかれないで結構です。

わたしが、遭遇したある意味事件ですが、
これはこれで勉強になったというか、今後の備忘録として書き留めておきます。


これは、最近起こった出来事です。
私は、長年この通信会社で携帯電話とデータ通信の契約をしています。


今年の7月3日(日)。先月ですね。
iPadminiの契約が更新時期を迎えました。
機種代を肩代わりしてもらう代わりに2年間の契約を継続し、
そして、先月その契約を終えたのです。

iPadmini2を2年の満期を迎えましたので
iPadmini4への機種交換、2年間の更新で肩代わりできるということで
その契約に、某携帯ショップに出向きました。

私(嫁も同行⬅︎私が契約をしっかりできるかお目付役)は
機種交換の旨を伝え、更新希望をショップ定員に申し込みました。

店員「機種交換ですね」
私「はい、おねがいします。」
店員「かしこまりました。」
店員「こちらのデータで見ますと、今月(7月)で契約が終わりますので、
   事務手数料のみで機種交換できますね」
私「はい、宜しくお願いします」

店員「ご提案ですが、この番号を継続することをお望みでしょうか?」
私「はい?」
店員「機種交換でも手続き可能ですが、もし新規契約で手続きいただければ
   iPadのカバーとフィルムを無料で差し上げるサービスを行っておりますが」
私「タブレットですので、特に番号にこだわりはありませんが」
店員「いかがなさいますか?今でしたら無料でサービスを提供できますが?」

嫁「ほんとに無料ですか?事務手数料のみですか?」(心配で口をだす)
店員「はい、無料です」

私、嫁 顔を見合わせ即断
私「じゃぁ、番号にあまりこだわってないので新規でお願いします。」


ここが、失敗でした。甘い言葉に乗せられた感じです。


店員「それでは、こちらにカバーとフィルムがあるのでご自由に選んでいただければ」
嫁「え?どれでもいいんですか」
店員「はい。どうぞ」

私と嫁は、無料で貰えることに気を取られ、重大なミスに気づきませんでした。

契約が進んでいきます。

疑い深い嫁「ほんとに他に料金かからないですよね?」
店員「はい、大丈夫です。」

店員「ただ、こちらの古い方に関しては、本日の解約ができませんので
   後日、もう一度出向いていただいて解約手続きをお願いしたいのですが」

私「はい、わかりました。」
店員「今月もまだ始めなので、月末に解約手続きをしたほうがお得かと思います」
私「あっそうか、じゃぁ、ぎりぎりに伺います」

手続きが進みます。



時は経ち、7月31日(日)
ラッキーだと思いました。ちょうど7月末が休日で。
まぁ、それが不運だったんですけど

同じ携帯ショップを訪れ、古いタブレットの解約の旨を伝えました。
ただ、更新手続きを行った店員ではありませんでした。

店員「ご解約の手続きですね。こちらの書面にご署名いただければと思います。」
私「はい、わかりました。」

署名をする。何枚もあるようで、とりあえず店員はその場を離れる

店員「こちらにも、ご署名いただければと思いますが。
   ご解約にともない、日割りで基本料金がかかりますが、よろしいですか」

私「はい?」

私は、何が起きたのか?機種交換に伴う新規契約で事務手数料だけだと思っていました。
この日も嫁は同行(かなり疑いぶかい)しておりましたが
ただ、お手洗いに席をはずしておりました。

私「え?なんで基本料金がかかるんですか?」
店員「解約に伴い、今月分の基本料金を頂いておりまして」
私「いや、機種交換のかわりに新規で契約すると料金はかからないと聞いていたんですが」
店員「・・・」
店員「ですから、解約時には基本料をお支払いいただいて」

私は、契約時のことをその店員に伝えました。

店員「ですが、解約時に今月分の料金を頂くことになっておりまして」

マニュアルしか頭にないのか・・・・

私「どちらにしろ払わないといけないんですね?」

店員「はい、そのようになっておりますので」

私は、サインをしました。店員は、その書類を持ってバックヤードに。
嫁が戻ってきました。嫁は、近くでやり取りを見ていたようで
状況を聞いてきた。
私は、そのやりとりを伝えると

嫁「無料って言ってたじゃん。しっかり言わんね」
私「そうだけど・・・」(しどろもどろ)
私「無理だって」
嫁「じゃ、私が言う」

嫁は、再び戻ってきた店員に経緯を伝える。
私は便乗する。
店員は、責任者に確認してくるといいバックヤードに戻る

店員「担当者の説明不足で、申し訳ありませんが、やはり基本料金を頂くことに」
店員「ただ、こちらの説明不足ということもありますのですが払い戻し等ができない
   ことになっておりますので、こちらの別の携帯用のケースなどで
   交換いただけないかと」

私「別にいらないです。」
小声で「iPhoneにケースとかつけねーし」「こんな携帯なんて消耗品でしかないんだよ」
多分、聞こえてない。あいかわらず弱腰

仕方なく了承し夫婦で諦めて帰りました。


今回の事件を整理します。

私側の見解

  • 2年満期を迎えたタブレットを機種交換で更新する目的
  • 機種交換より新規契約の方が事務手数料のみでしかも無料で特典付き
  • タブレットの番号が重複しているが月内に古い方を解約すれば基本料金は1回線のみ

携帯ショップ店員側の見解
  • 機種交換より新規契約なら基本料金もかかるが無料特典を提供できる
  • サービスを理解して納得していただいている

ということだと思う。
正直、店舗でのやり取りで契約書しか証拠が残っておらず
その書面は新規契約書であり、解約証明書でしかないので
機種交換だが、新規契約による機種代の契約書しかなく、基本料などの請求書は無い。

だから、言った言わないの世界だし、説明不足と言われれば
それを証明する手段はボイスレコーダーに残しておかなければならない。

オレオレ詐欺にあったかのよう。良い勉強になりました。



甘いサービスに気をとられたのが敗因だと思います。
これまで、そんな手に乗ったことがなかったのですが
歳なんですかね〜。

よくオレオレ詐欺にかかったお年寄りのニュースを見て
身近な高齢者にも強く言っとかなと思っていましたが。


まさか自分が、こんなうまい話引っかかるとは・・・(汗


今後の対応策としてボイスレコーダー


よくメーカー電話問い合わせなど、
「サービス向上のため録音させていただきます」と聞きますが
私も、問題が発生したときに、強く言い返せないこともありますので
店頭の窓口で契約等する場合は
あらかじめ店員に
「すみません、物覚えが悪いのでボイスレコーダーで記録させていただきます!」
と記録しようかなぁと思います。


来年2月、iPhoneの2年契約が満期を迎えるので
まずは、そこからですかね。


みなさんも甘い言葉には気を付けましょう!!











コメント

よく読まれている記事