動画撮影用にNDフィルターいるかなぁ

新しい一眼レフカメラの動画撮影では
絞りの調整が出来るらしいのですが
わたしの所有するNikonD5300はやはり絞りの調整ができそうにありません。

まぁ、一眼レフカメラでの動画撮影なんて
今回が初めてで、
所有せずにあれこれ吟味するより使ってみていろいろ問題提起してから
次のレベルアップに備えるべきだと思っていたので
今回のこういう記事をかけたことは全くもって損ではないと思う。


私が所有するレンズ自体がもともと明るいレンズばかりを購入しているので
仕方が無いのですがほんと、動画を撮ろうとするたびに
トビますね(笑


映像の仕事で知り合ったカメラマンにも聞いていたのである程度は知っていたのですが
やはりNDフィルターは必要だなぁと思いました。


トビ気味になるのも問題なんですが、私としては
もうすこし被写界深度を深くできないかが問題なんです。

最近は、4K撮影できるカメラも増えてきているようですが
どうも背景をボカした映像っていうのがどうもしっくりこなくて
4K映像ならなおさらです。

4K映像で背景のボケみが強いと、なんとなく4Kの意味あるん?って思うんですよね。
個人的には、4Kであるからこそ、隅々まで認識できる映像であって欲しいなぁと思うんです。


まぁ、そんな話は置いといて
ネットでも記事を見るのですが動画撮影ならやはり
可変できるNDフィルターがいいなぁと私も思ってるんですね〜

でも、ピンキリなんですね。


  

高いのだと濃度が上がるにつれて色味が変わることもなさそうですし安定しているようです。しかし、安いものだと濃度が上がると網の目が際立つこともあるらしいんです。
まぁ、値段相応なのかもしれません。


前述したように、やはり実際に使ってみないと自分にとっては
使えるものなのか、使えないものなのかなんてわかんないですからね。


私のなかでは後者の安いものを購入してみようかと思います。

どちらにしろ、買うには嫁の了承を得ないと。

そこが一番の難関ですわ・・・・(汗

コメント

よく読まれている記事