2016年8月4日木曜日

photolibraryでNG、まだpixtaからは連絡は無いが恐らくリジェクトされるだろう。「内包する」素材?

本日、photolibraryから審査通過のお知らせが来ました。
ただ、通過したのは7枚中5枚。
2枚がNGでした。

この記事では、NG理由だった内容に付いて書きます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
その前に、一つ。
先日このような記事を書きました。

【関連】photolibraryの審査って・・・

7枚同時に提出した素材、
2種類の写真があって桃とひまわり。
なぜか桃の1枚だけが一足先に審査通過のお知らせがきました。
まとめて連絡くれても良かったのに・・・

で、本日残り6枚の連絡がありました。

??

あのー、どうせなら桃は桃で審査結果のおしらせをいただいて
ひまわりはひまわりでお知らせをいただいた方がしっくりくるんですが。。。
なぜ、こんな感じなんだろう?

連絡面倒でなければ私は結構ですが、面倒ではないですか?
ってスタッフさんに言いたい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ということで、本筋の話に入ります。

以前から当ブログでは、ストックフォトの審査で不採用にされた素材に関して
本日のリジェクト作品として掲載しております。
不採用にされて納得いかない作品などあると思いますが
今回は、あらためて自分の素人ぶりを発揮してしまう結果となりました(汗

その作品とはこちら

類似作品


























まぁ、こんな感じの作品です。
そうです。被写体が見切れているんですが完全なる失敗ではなく
意図的に作った構図でした。


不採用となった理由は、簡単にいいますと
登録されている素材の類似作品、もしくは内包された作品。
ひまわりの作品は、今回採用になった作品に3枚あるので
類似作品というわけではないと思われます。

とすると内包された作品

ん?

内包?

はい?

内包


ないほう??


ネットで調べました。
「内包する」・・・内部に持っていること。ある概念が持つ共通な性質のことを指す

とか出てきます。


難しくてわからん。

もういちど、photolibraryの審査基準をみてみる

 審査基準






















写真の例が掲載されているが
おそらくこのことだろうと思った。


作例では、城と樹木ですがどちらも端が切れています。
どちらをメインの被写体とした写真なのかはっきりしない。
ことを言いたいのだろうと思います。

じゃぁ、私の作品はどうか?

ひまわりだけしか写っていないから、ちょっと違うのかなぁ。

でも、なんとなく言いたいことはわかってくる。

私が想像するに

「ひまわり」の作品であるのは間違いないが
ひまわりの花全体を捉えていないので、もしかしたら「ひまわり」ではないかもしれない。


「内包する」とは
    ・・・内部に持っていること。ある概念が持つ共通な性質のことを指す

「ひまわり」なんだろうけど、別の意味が含まれている。
「ひまわり」ではない「黄色い物体」であるかもしれないという
 意味を持ってしまっている作品



と、私は解釈しました。


間違っていたらすみません。



深い。


だけど、もう少し簡単な言葉で説明してほしかった。


いや、写真やっている人は、常識なのか?


「内包する」という言葉・・・・。


今回は、photolibraryとpixtaに似たような作品を同時に申請している。


やばい。

きっとpixtaでもリジェクトされるだろうな。

ありました。pixtaのリジェクト理由一覧に

【リジェクト理由】構図により登録されませんでした



【 リジェクト理由】構図により登録されませんでした






































メインの被写体が不自然に切れているもの。





あちゃー。
間違いなくこれですね!



やっちまったよ〜




私の中では、意図的に何かチラシのデザインで上にコピースペースができて良いと思ったのですが、こういうのはダメなんでしょうね。


まだ、pixtaの審査結果が出ていないのでなんとも言えませんが
私の「内包する」の解釈が間違っていなければ
確実に不採用だと思われます。



まぁ、こんなダメダメな恥ずかしい失敗をブログ記事にするなんて

暑すぎて壊れたか?と思われるでしょうが

まぁ、今後同じ過ちをしないようにと備忘録として書き留めておきます。


このブログを見てくださっている方に
万が一、初めて知ったという方がいた場合は、こそ〜っとメモっといてください。
まぁ、おられないと思いますが。。。。(汗

0 件のコメント:

コメントを投稿