同じ時期に同じ素材が複数回売れる。クリエイターはウハウハだけど、購入者は気にしないんだろうか。


ストックフォトにて、当たり素材。
人気がある素材であることはクリエイターにとっては
一枚の素材が何度も売れるというのは
うれしいことではあると思うんだが、
果たして、購入する側はそれでいいのか?

ネットでも利用されているストックフォトのイメージ写真。
同じ写真を別のサイトで見ることもある。
それだけ需要がある、人気の写真なんだろうが。
購入者は、それで良いのだろうか。


購入した素材は、加工を施す


映像の仕事をしていて、
私の場合は、購入した素材に関してはできるだけ加工するようにしている。
なぜなら、見ている人に「これどこかで見た」という印象を与えたくないからだ。

よくあるのが、映像のトランジションエフェクト。
キラキラと光がタイトルの周りを彩ったり、映像の転換させるワイプ。
様々あるが、できるだけ色を変えたりスピードを変えたり(方法は他にもありますが)
見ている人に「これ別の映像でも見た」という印象を与えないように
加工します。

それは、クライアントのためにも世の中で初めての演出であってほしいし
見ている人に「パクリやん」とか思われたくないし、
前の印象を思い出されることで私が制作した映像の印象が薄くなるのが嫌だからです。


とはいっても、世の中パクリではなくてもいろいろ似た様な演出がある。
CMで流行った「検索」のアニメーション。
だれが始めたかも私にはわかりませんが、今はどんなCMでも目にする。

ある意味、似てくるのは仕方ないのかも。流行りというのもあるし。


仕事によって使い分ける自分もいる


そんなこといっても、結局同じ素材をそのまま使うこともあるんですけどね。
例えば、このブログ記事も。
冒頭の写真にしても前の記事でも使用していたものだし。

仕事によっては、予算によって加工するかそのまま利用するか使い分けている。
(納期など時間的制約もありますが)


だけど、こころの中では、やはり少しでも加工したい。
同じ素材を使うというのは仕方ないにしても
まんま使うというのはできるだけ避けたい。



人物モデルの素材ほど加工し難いものはない



これって、加工しづらいですよね。
とくに、表情が良ければ良いほどそのまま使いたくなる。
色調したり、トリミングしたりとマスクで切り抜いたりしたとしても
その印象は残ってしまうと思うんです。
有名人でなくても、やはり表情が良いものは良いんです。

でも購入した人たちはどうしているんだろうか・・・
そのまま利用しているんだろうか?
私は、ストックフォトにてモデル素材を利用したことが無いのでわかりません。

まだ、風景素材や物撮りしたものの方が加工しやすいと思う。




個人的には、絞り込み検索の性能を上げて欲しい



私が販売用として登録するのは主にPIXTAだが
購入する立場として利用してみると
絞り込み検索で「販売回数順」というのがある。
これって、単に人気順じゃないのかと思う。
売れている写真=良い写真=売れる=利益が上がる
なんだろうけど
もう少し、情報を盛り込んで欲しいという気持ちもある。

例えば写真AC。(冒頭の写真をダウンロードさせていただきました。)
「いいね」や、ダウンロードの回数などが
投稿者だけでなく、ダウンロードする側も見ることができる。


同じ写真が世の中にたくさん出回っていても使いたい利用者もいるだろうし
私みたいな頑固者で、できるだけ購入されていないけど良い写真。
掘り出しものですね。そんなのがほしい人もいる。(ワガママです)

PIXTAだけでないんだろうけど、
ストックされている素材が増えれば増えるほど
絞り込み検索の機能を充実してほしい。


結局、やっかみです。



まぁ、私が1枚の写真で10回も20回も売れたことがないので
正直、悔しいんですね(汗
良い素材は、やっぱり誰でも使いたくなるし、何度見ても良いものは良いのです。

ただ、ストックフォトサービスでは
もっと絞り込み検索の機能を充実させてほしい。
急ぎ購入したいときに、1000枚も2000枚も見てられないんですよ。
大げさですが(笑







コメント

よく読まれている記事