ドラレコ付きのルームミラーで個人的に思う最大のデメリット

以前、ドライブレコーダーを買ったことを記事にしました。



ドライブレコーダーが付属するルームミラーのなんといっても良いところは
すっきりしているところ。

フロントガラスにドライブレコーダーを単独で設置すると
視線の邪魔までにはならないけどゴチャゴチャして見栄えが良くないし
いかにも設置してますよというのが目立ってしまう。

そういった心配を解消してくれるのが
ルームミラー型ドライブレコーダー。

かれこれ
1ヶ月ほど設置しているが
今は、電源コードも車内のカバー?の裏側に隠して
はっきり言って、ドライブレコーダーがあるなんて忘れるくらい。
良い買い物したと思った。


しかし、



気づいたんです。
弱点を、
いやデメリットというのか?


最近は、休日がまた少なくなって車に乗る機会が減り、
嫁が良く利用していました。


先日、仕事が終わって嫁に車で迎えに来てもらった時に言われた一言


嫁)ルームミラーが見えにくいのよね


嫁)ちょっと動かしていい?



私)うん、いい


私)あ゛


私)ダメダメ!!


せっかく、カメラの構図決めているのに
動かしたら、構図が変わっちゃうじゃん!



そうなんです。
ルームミラーに付属しているドライブレコーダー。
ルームミラを動かせば構図が変わる。


まぁ、カメラは可動するので微調整すればいいのですが
それだとルームミラーを調整するたびに毎回微調しないといけない。


とくに、ユピテルのDRY-AS380Mは
録画意外に、車線のはみ出しなどを警告してくれる。
だから、だいたい、今のカメラの構図で車線の幅などを
内部の装置に記憶させている。

ルームミラーを動かされたら、それも設定し直さないといけない。


気づかなかった・・・


利用していて、気づいたデメリットでした。


おそらく、車の運転者が一人なら問題ないのですが


私みたいに、家族で利用する方は気をつけたほうが良いと思います。


まぁ、最近のドライブレコーダーは広角なので


撮影方角が極端に変わることがないので問題はないと思いますが


私みたいに、ドライブレコーダーで撮影した映像を







コメント

よく読まれている記事