NIKKORレンズ生産本数1億突破に感謝を込めてキャッシュバック

1億ってどんぐらいか想像つかいないが・・・・

で、どのレンズが一番売れたんだろう。

一番売れたレンズを高くキャッシュバックしてくれるといいんだけどな。

もう生産していないのであれば期間限定で復刻するとか。

NIKON公式サイト




で本題に入りますが、

実は、自分の欲しいレンズも対象になっているんです。
一番安い3000円キャッシュバックなんですが

D5300を購入した時に、やはり後悔したレンズセットであった
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR Ⅱ

以前も記事にしたことがあるんですが
やはり後悔の念が強過ぎてまた書くことに(汗

なぜ、後悔したのか。

その前に
私が標準レンズとして持っている
AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-EDがあります。

以前はD200とかに装着していろいろ撮っていたのですが
今や、D200がお蔵入りとなり
D5300の出動が多くなってきました。

最初は、コンパクトなD5300なうえ、コンパクトにはコンパクトなレンズをと
35mmの単焦点を使用していたのですが
どうも自分の撮影では使い勝手が悪い。
良いレンズなんだけど交換レンズを持ち歩いてしまう。
だったら、ちょっとレンズが重くバランス悪いけど
AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-EDにしちゃいないよと
いうことで




まぁこんな感じです。
せっかくコンパクトで持ち運びに便利と思って購入したカメラが
頭でっかち。

んー。

だから、レンズセットを購入すればよかったと。
私が本体のみで購入した価格に今となってはレンズセットも追いついているんですね〜。


ただ、最近、Nikonは
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR Ⅱの後継?に
AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR というレンズを発売した
(2016年9月16日)

一眼レフカメラ用NIKKORとして初めてのステッピングモーターをAF駆動に採用し、従来の同クラスレンズよりも高速で静粛なAFを実現した「AF-Pレンズ」。よりスムーズで静かなAFは、動画撮影にも適しています。沈胴式の約3.1倍標準ズームレンズに非球面レンズ(2枚)を採用し、諸収差を抑えた高い光学性能を実現。手ブレ補正効果4.0段※(CIPA規格準拠)のVR機構も搭載し、さまざまな撮影シーンにおすすめのレンズです。最大撮影倍率が従来よりも高い0.38倍なので、より本格的なクローズアップ撮影が楽しめます。
(公式サイトより引用)

詳しくは私には説明できないのですが
動画撮影に適していると。

むむ!

ほしい!

でも高い!!


とそこに、キャッシュバックの話が舞い込んできたんです。
さすがに発売されたばかりの
AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRは対象にはなっていませんでした。

だけどAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR Ⅱは安くなってるだろうし
キャッシュバックもあれば、かなりお手頃な値段で?

と思ったけど、

やはり、最近、ストックフォトの売れ行きも滞っている私には
手が出せませんでしたぜ!


結局、この記事で何を伝えたいのかわからんくなりましたが、
ひとまず、
キャッシュバック対象レンズが結構ありますよ〜というのと
期間は年明けくらいまでですよ〜ということ。

自分へも忘れずに覚えておこうねということでした。
もしかしたら買っていいよというお達しが嫁から出るかも。

出ないなぁ、きっと。






コメント

よく読まれている記事