Appleの動画編集ソフトFCPXのインターフェイスが・・・変わっていた

四国旅行でマイカーに設置したドライブレコーダーを編集しようかなぁと
立ち上げたらFCPXがアップグレードしてた。




ここ1ヶ月触ってない間にインターフェイスが変わっていた。
かなり驚いてしまった。

仕事でFCP7を使っていたことから
FCPXが発表された当時からプライベート用にインストールして勉強していた。
評価は、ご存知のとおり、使いにくいという表現が多数を占めていましたが
私自身も仕事で使うならNOでした。
FCP7からあまりにも変わり過ぎてて、
込み入った作業をすぐに移行できそうにもなかったからです。

私用では、ストックフォト用の動画の簡単な補正をするのに今でも使っています。
その程度の使用では、全くもって使いにくいわけでもなく
バックグラウンドでレンダリングなど進めてくれるので便利に思います。

要は、用途によって使い分ければいいやんの考えなんですけど。

まぁ、本業の編集では結局AdobeのPremiereCCになりましたが。


ところで、気づいたら10.3になっていたFCPX
自動でアップロードにしていたのでしばらくみないうちにインターフェイスが変わっていてちょっと戸惑った。



こんな感じ。
知らない方はわからないでしょうが、なんかスッキリした感じ。
シンプルになったというか、個人的な感想としては丸っこい感じがシュッとした感じ。
切り替えによって




タイムラインを隠した状態にも・・・
編集前にカット選びとかできるんかなぁ

以前のインターフェイスはこんな感じでした。


中央部分にバックグラウンド処理の進行状況を示す表示があります。
私の中では、この部分が、どうも仮面ライダーベルトにしか見えなくて
なんとなく嫌いだったんです。

それが、今回のアップデートでかなりスッキリした感じになりました。
まだ、込み入った作業もしていないことから
その部分が、どこに移動したのかとか、排除されたのかとかは
全くわかりませんので、もう少し使ってみての感想をいづれ記事にしたいと思う。

にしても、あいかわらず、データ読み込みがドラッグ&ドロップで出来ない?のが
煩わしい。動画ファイルを一度に複数読み込もうとするときに面倒くさい。

仕事ではPremiereCCに慣れてきてしまったもんだから
もう、FCPXに戻ることはないだろうと思いますが
せっかく、買ったもんだし使っていこうかなぁ


で、ドライブレコーダーの映像、重要なところの上書きしてたもんだから
旅行中全部の映像は残っていなかった(泣
かなりショックです。特に祖谷渓スポットの道のりはかなり険しかったから
残しておきたかったんだけど。はぁ。




コメント

よく読まれている記事