断捨離のためにフリマに勤しみ、ストックフォト用の自作の撮影ボックスが大活躍


なぜか、今ストックフォトはおやすみしていて(強制的に)
断捨離するためにフリマにはまっている。
なぜ、そうなったか。

使用しない機材を譲るため。いや新しい機材が欲しいから・・・。

でもいろいろ調べながら初めて知ったことが
レンズって防湿庫にいれっぱなしより、使った方がカビや曇りをつきにくくする?
知らなかった。
防湿庫にずっと保管しているほうが絶対良いと思っていたが
使って、電気を通し、レンズ内の空気を入れ替えたほうがよいのだとか・・・
詳しくは調べていないので、確証は持てませんが。
まぁ、ずっと防湿庫にいるより使ってくれた方がレンズのためにも良いのかもね。

そう考えると、私は買って最初は使うけど
だんだん防湿庫の奥の方に待機するレンズが多かったからそれではだめだと。
とにかく、本数を少なくしてカメラ1台とオールマイティなレンズ1本とかにした方が
良いのかと思っている。

撮影行く機会がめっぽう減ったし。


で、以前、自作した撮影ボックスが活躍しているんだ。
皮肉だよね。
撮影ボックスでストックフォト用の撮影がしたい。
レンズもいっぱい使ってと思っていたのに。
その機材たちを手放すことに撮影ボックスを使うとは・・・(汗

【関連】ストックフォト用のコンパクトスタジオを作った。


とにかく、今は機材の里親を探すことに必死になっている。
ただ、やはり、少しでも高く買ってもらおうという欲が出てるんでしょうね。
ほんと売れませんわ。

あんまり、売れてほしくもないけど。
手放すのがしのびなくて。
こら断捨離できん体質だわ。


とにかく、あったかくなるまでストックフォト撮影に出かけないのは確かかも。



コメント

よく読まれている記事