SW2700PTいいっ!【BenQアンバサダーの製品モニターでお借りしております】



当選の連絡をいただいて今週末、さっそく「SW2700PT」が我が家にとどきました。
ありがとうございます。

 【BenQアンバサダーの製品モニターでお借りしております】


様々なブログやサイトでモニターされた方もおられたので
似たような感じにならないように記事を書きたいと思いますが
いっしょやんと思われたらすみません。
あと、あくまでアマチュアなりの感想ですので
詳しい解説等はありません。ご容赦ください。

まず、私の使用しているPCはiMacでスペックもそんな良いものではありません。
よく言われるエントリーモデルみたいな感じ。
もともとはネットができるデスクトップがほしいなぁということで買ったので
あまりスペックは求めていませんでした。

しかし、ストックフォトをちょっと本格的にやってみようと思ってから
色補正やゴミ消しをするときにちょっと不便だなぁと思ったのが
ディスプレイを購入しようと思ったきっかけです。

いろいろ探していたところ、このSW2700PTという
写真を扱う人が使用するようなスペックで私のようなアマチュアにも
かろうじて手がだせるコスパの良いディスプレイにいきあたりました。
ちなみにハードウェアキャリブレーション対応なのですが
私は、その機材を持っていないのでそこに関しては感想を書けません。

 【BenQアンバサダーの製品モニターでお借りしております】


写真をRAWで撮影しストックフォトサイトの審査に申請する際、気になっていたのが色です。
私の所有するiMacで色を補正した際、それは購入者が閲覧するマシンではどのように表示されているのであろうか?
一般的なPCは”sRGB”で表示されるようですが
もちろん、私のiMacはどうなんだろうかと・・・・。

本職の映像の仕事ではマスターモニターという高価なディスプレイで適正に表示させ
補正することで撮影時もしくは、演出する際の求めていた色が再現できているか確認するのですが、自宅で写真の色をいじろうものなら不安で不安で。

今回お借りしたディスプレイは
メーカー側で出荷時にキャリブレーション済みだそうです。
となれば、表示される写真そのものが適正な色で表示されているはず。

早速、すでにストックフォトサイトに登録されている私の写真を表示させてみました。



左がiMac、右がBenQ SW2700PT(sRGB)です。
どちらもプレビュー画面で表示しています。
ぜんぜん違いますな。

ちなみにSW2700PTは付属のコントローラーで
sRGBやadobeRGBなど切り替えることができます。




こちらは、SW2700PTの表示をadobeRGBにし、iMacと比較したものです。




iMacのディスプレイは、SW2700PTでadobeRGB表示よりも青みが濃く表示されています。

何が言いたいかというと
私が良かれと思って色付けしてきた写真が思いのほかイメージ通りの色付けができていなかったということ。

各メーカーや各機種等によって違いがありますが
自分が良いと思って申請していたものが実はイメージにほど遠いものだったとは・・・
逆に、自分がイメージしていたものが酷くて、実はちょうどよい色味になっていたということか・・・(少ないですが売れたことはあります。)

どちらにせよ、
SW2700PTを使用することによって比較できたことは
かなり良い勉強になりました。

 【BenQアンバサダーの製品モニターでお借りしております】

次に、解像度です。
SW2700PTの仕様では、2560×1440(WQHD)です。

仕事で3840×2160(UHD)の解像度のディスプレイを仕様していますが
実はUHD表示にはしておりません。
なぜかというと写真や動画は100%表示にできますがアイコンや文字が小さくて
見辛いのです(汗
結局フルHD表示にしており、高解像度の恩恵はうけてないっす。

しかし、2560×1440(WQHD)は少しは文字が小さくなりますが
UHDに比べ、まだ小さすぎもせずストレスは感じません。
写真に写り込んだゴミ等も見つけやすい感じです。




 【BenQアンバサダーの製品モニターでお借りしております】


正直、このディスプレイほしいっす。
ストックフォトサイトにはほんと多くの写真が登録されていますが
サムネイルで見るかんじ、同じような背景の写真でも色がまちまち。
イメージもあるんでしょうけど、
もしかしたら、良かれと思って色を補正し登録したのが
実は、購入者側にはその意図したイメージが伝わってなくて売れていなかったとか・・・。
少なくとも、私は意図したイメージではなかったことがわかりました。


遮光フード付きでハードウェアキャリブレーション対応、
しかも、アマチュア写真愛好家にも手が出せる安価。
欲しい。

もうしばらくお借りすることができるので
タイムラプスでの使い勝手でも感想を記事にしてみたい。




コメント