「帰るボタン」でAppleWatchから送信!



AppleWatch セルラーモデルを購入して2週間。
セルラーモデルを購入して気づいたのがLINEがね、いまいち使いづらい。
セルラーモデルを購入したのは、iPhoneをデスク上にマナーモードのまま放置することが多く、これまで着信に気づけなかったことが多かったため。

でもね、ランニングをすることもないしアウトドアも全くもってしないもんだから
実は、セルラーモデルでなくても良かったのかも。
iPhoneは常に持ち歩いているから。

でも、せっかくセルラーモデルを買ったんだからペアリングを解除した状態で使用している。
気持ち、BluetoothがONだと万が一ペアリングが外れた場合に探知しまくるのか
iPhoneのバッテリー持ちが悪い

そんなことから不具合もいろいろあるのかも。
例えばこれ、



LINEの着信は知らせてくれるものの返信ができない。
最近は、だからiMessageを使用することも。
まぁ、この際だからiMessageに慣れてしまうのもいいんだけど
ショートメール送信とかなるとそれなりに通信費がかかるからね〜少額ですけど
ちりつもですから、避けたい。


だから嫁に帰るコールをする際にAppleWatchでどうにかならないのかと。

いやいや、iPhoneですればいいやん。

そうなんだけど、せっかく買ったAppleaWatchで。使用したいですよね〜。


で、いろいろ調べていてネットのみなさんから教えてもらったこと。
自分のための備忘録ですかね。


このアプリ。
「イフト」っていうんですかね。
これ便利っす。

ということでタイトルの「帰るボタン」を作ってみました。

とりあえず、このアプリをダウンロード。
AppleWatchからでも、iPhoneからでもいいと思う。

新規で起動するとアカウント作成を求めらる。
googleアカウントでログインしました。



1. My Appletsを選択するとこの画面へ
2. 新しいAppletsが追加できます。


英語はできませんが、「if this then that」を訳すると

「もし これすると その時 こうする」ということだとおもうんですわ。

3. thisを設定するためタップ



4. ボタンウィジェットを選択


前の画面に戻ります。 thisの部分がボタンウィジェットのアイコンに

5. thatを決めましょう。タップ!



いろいろありますなぁ。とりあえず、私はLINEでメッセージを送信したいので
LINEを探します。

6. LINEと入力し検索しLINEのアイコンを見つけたらタップ
 
 LINEと連携するための画面。(撮影わすれました)
 LINEにログインするための画面が表示されます。ログインすると
 友達にIFTTTが登録されます。
 ※この部分、どのタイミングで行われたか忘れましたが、必ずどこかで行われまます。
 



こんな画面が。LINEでグループをつくり、そこでメッセージを共有するようです。なのでこの設定を作る前にIFTTTと送りたい方(私の場合は嫁)でグループを作成しておきましょう。

7. わかりやすく帰るコールグループを作りました。



8. 最初にあった文字列を消し、送りたいメッセージを入力
9. この部分を削除。現在地の地図も送れるようです。私は不要だったので削除
10. 完了したらタップ



11. Send message  タイトルの変更もできるようです。OKだったらタップ




こんなボタンができますよ。
AppleWatchのドックに登録しておくとセルラーモデルでも簡単にメッセージを送れます。



このボタンを押すと
こんな感じに



毎回 [IFTTT]帰る と表示されるんですが

まぁ、こんな記事見なくてもできる方もいらっしゃると思いますが
自分が忘れそうなんで(汗

他にもいろいろと作れそうだったんで他にも作ってみたいと思います。

というより、LINEがもう少し便利になってくれるとよいのですが




コメント